閉じる
きのこ栽培ユニット

キノコ農場オーナー募集

小規模だからこそ安定した事業運営が可能です。

小規模・未経験・小資金で農地が無くても「きのこ」を栽培して、その場で直販ができる。

モバイル通信での遠隔操作による人工培地利用の「誰でも」「何処でも」「短期間」「通年栽培」できる簡便な“きのこ栽培システム”です。

< 概要 >

この「きのこユニット栽培」システムは、自社で企画立案したビジネスプランを中小企業庁の補助金で試験・製作し検証された事業です。

平成26年度中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業補助金交付規定により施行された、補助金交付事業の対象事業として採択、承認された事業計画に基づき事業化したユニット栽培システムです。


<本事業の新規&オリジナル性>

  • 既存のユニットバスをベースに改良した屋内施設で、建屋を選ぶことなく組立てできます。
  • 栽培と販売が同所でできる新発想の全天候都市型農業として、季節を問わず年中栽培が可能で簡単な工事だけで商店街や飲食店内、スーパー店舗に設置できます。
  • 栽培菌床の供給から、日常の栽培監視や栽培管理は本部から、モバイル通信の遠隔操作で行いますので、手間は収穫するだけです。
  • 栽培品種は市販されている全ての品種で供給できますが、他では購入できない稀少品種や特許取得の「ブラウンしめじ」菌床を供給して地域ブランド品化ができます。
  • ※「ブラウンしめじ」は、ひらたけを改良した新品種で幻のキノコと云われた「本シメジ」に近い味と食感があり、他キノコなどに類をみない栄養的価値があります。
    きのこ菌の植菌や菌床培地の作業工程に欠かせない滅菌には、二酸化塩素タブレット「セルトーレ」が供給できます。
    ※当社はNASAのスペースシャトルや宇宙食の滅菌に使用された「セルトーレ・タブレット」を卸販売しております。
  • 栽培ユニットボックスは野菜、花など根菜以外の植物の栽培・育成に転用でき季節毎の特色を出すこともできます。

東豊中農場の収穫直前のブラウンしめじ