きのこ栽培ユニット

ブラウンしめじのレモン醤油炒め

お肉、お魚、帆立、えびの付け合わせに。タンパク質を分解し、消化を助けます

(材料)
ブラウンしめじ…1パック
プチトマト…7、8ヶ
きゅうり…1本
レモン…1ヶ
醤油…大1
オリーブオイル…適宜
自然海塩…ひとつまみ(耳かき半分)
ブラウンしめじ…1パック
大根おろし… 2カップ
長ネギ…1/2本
木綿豆腐…1/2丁
自然海塩…ひとつまみ(耳かき半分)

(作り方)
1、きのこは食感が味わえるように大きめに裂きます
2、きゅうりは乱切り、プチトマトは2つに切ります
3、レモンをしぼります
4、浅めの鍋またはフライパンにオリーブオイルを入れて、ブラウンしめじを炒め、
ひとつまみの塩をふってさらに炒めます
5、火を止めて、きゅうり、トマトを入れて余熱で炒め、
レモン汁と醤油で味を整えます

<レシピ考案>
マクロビオティッククッキングティーチャー 勝部美佳

2000年マクロビオティックに出会い、陰陽五行を操り宇宙の秩序に合わせた
お料理の面白さに魅了される。
その後、マクロビオティック料理教室の主任講師を務め、約二千人の方々に陰陽理論に基づく
マクロビオティックの料理法を伝える。
食べ物のエネルギーと、体や心の関係や仕組みを熟知。
その人に必要な食べ物やエネルギーを見極め、概念に囚われないユニークな発想で、
その時その時のお料理で、食べる人を目で舌で楽しませ、心を癒す。
また、母親でもあり、一児の娘を胎児の時からマクロビオティックで育てた経験を持ち、
そういった女性たちの健康相談を得意とする。
料理教室では、軽快なテンポのギャグを交えた毎回笑いの絶えない独特のクラスが大人気。